総合案内

養護老人ホーム

養護老人ホームとは、65歳以上であり身体や精神に障害がある場合や、経済的・環境上の理由などから自宅での生活が困難であるという方が入居できる施設です。この場合の身体・精神上の障害というのは、それらの影響によって自立した日常生活を送ることが困難な場合を指しています。
また、対象となる高齢者が属している家族が生活保護を受けているなどの理由で、経済的に支障がある場合も入居の対象となります。

光珠荘 »

地域密着型特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは寝たきり又は認知症のために常に介護を必要とする人で、在宅で介護を受けることが難しい人のための入所施設です。 入浴、排せつ、食事の介護等、日常生活の世話、機能訓練、健康管理および療養上の世話を行います。
地域密着型特別養護老人ホーム(小規模の特別養護老人ホーム)は、定員29人以下の小規模で運営されます。少人数の入所者に対し、従来の特別養護老人ホームと同じ、施設サービスが提供されます。

エール二之宮 »

短期入所生活介護事業

要介護者が、主に介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に短期間入所して、入浴、排泄、食事などの介護や機能訓練を行うサービスです。当法人では利用できる居室の種類は、ユニット型個室になります。介護者の病気や事故、結婚式、法事などの用事のほか、長い介護の疲れから旅行や休養をとるために家を空ける時などに、要介護者を短期入所させることで、介護者の負担を軽減することができます。

ショートステイ »

 

小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護は、利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の選択に応じて、施設への「通い」を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と地域住民との交流の下で日常生活上の支援や機能訓練を行います。

ライフサポートハウス エール二之宮 »

 

居宅介護支援事業

ケアマネジャー(介護支援専門員)が、心身の状況や生活環境、本人や家族の希望等にそって、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成します。また、本人や家族の代わりに、介護サービス事業者との連絡・調整(要介護認定の申請手続きや更新認定の申請)を行います。

居宅介護支援事業所 »

ページの上部に移動する